虫歯の仕組み

虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が作り出す酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕」またはそのような状態になっている個々の歯を指して「虫歯」と呼んでいます。
初期の段階では自覚症状がないため、自分では気付かないことが多いのが特徴です。

  • ①ミュータンス菌が、お口に残った糖分をエサにします。

  • ②糖分を分解して、プラーク(歯垢)を作ります。

  • ③プラークの中で、ミュータンス菌が増殖します。

  • ④増えたミュータンス菌が、糖を発酵させて酸を作ります。

  • ⑤高濃度の酸で歯を溶かします。この状態が虫歯です。

こんな症状があらわれたら、すぐにご来院ください

  • 歯の表面の溝が黒くなる、欠けたり、穴があく
  • 水や甘いものがしみる
  • 時々痛む
  • 舌でさわると引っかかった感じがする
  • 食べ物が同じ場所にはさまりやすい

虫歯進行の流れ

  • C1

    歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。
    痛みなどの自覚症状なく、歯の表面にツヤがなくなる・薄い茶褐色になります。

  • C2

    虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。
    冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。
    茶褐色や黒っぽくなっています。

  • C3

    歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。
    ズキズキと刺すような、特有の痛みがあります。

  • C4

    歯肉から上の部分はほとんどなくなり、根だけが残された状態。
    通常は抜歯になります。

C3・C4の段階になると、根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。
この膿の中の細菌や毒素が血液などに感染し、血管を通って全身に運ばれ、関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こします。
最悪の場合、敗血症を併発し、死亡することがあります。

たかが虫歯1本と侮ってはいけません。早期発見・早期治療を心がけてください。

根管治療とは

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除く治療方法です。
通常は抜歯となるような症状でも、根管治療によって歯の根を残すことができます。
根を残すか残さないかによって、その後の噛む力は大きく変わります。

当院では、できるだけ根を残す治療を選択できるよう心掛けていますが、症例によっては根管治療が難しい場合もあります。
精密な診断の上で、患者さまにご説明させていただきます。

根管治療の流れ

  • ①深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯です。

  • ②神経が生きている場合は麻酔をした上で、虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。

  • ③専用器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。

  • ④歯髄腔および根管を消毒液で充填します。

  • ⑤金属製またはプラスチック製の支柱(ポスト)を挿入します。

  • ⑥最後にクラウンで歯をかぶせて修復します。神経をとった歯は栄養が行かない為もろくなります。基本的には全体的にかぶせた方が、その後に歯の破折が少なく、もつようになります。

治療後

虫歯と歯周病を予防するためにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。
かぶせたセラミックや金属部分は虫歯にはなりませんが、残っている自分の歯根部分は虫歯になります。
神経を取っているので、痛みがなどの自覚症状がなく、気がついたときには大きな虫歯になりやすいです。